top of page

試奏動画はこちらです→ https://youtu.be/uZEv88jhsbM

 

CSJ 1959

1959年製のSouthern Jumboの実機を研究し設計されたCSJ 1959。
厳選されたシトカ・スプルースを、ヴィンテージ材の質感に近いところまでトリファイド加工し、トップ材とブレイシング材に使用。
豊かな低域やクリアな高域、レンジの広さ、力強さを感じる音量感など、ラウンド・ショルダーのジャンボの魅力を踏襲しております。
ファンを魅了し続けるアイコニックな装飾とサンバースト・フィニッシュの美しいコントラストは、このモデルを不朽の名作たらしめる所以でしょう。

 

 

  • Body

    最適なトリファイド加工を施したシトカ・スプルースのトップ & ブレイシング、マホガニー・サイド & バック、ハカランダ・ブリッジ、セルロイド流し込みラージ・ピックガード、ダブル・ライン・ロゼッタなど象徴的なスペックを採用しております。
    貫禄のあるヴィンテージ・サンバースト・フィニッシュには、質感や響きを考慮したエイジド加工が施されています。

 

Neck / Headstock

  • 1Pマホガニー・ネックと色が濃く美しいハカランダ指板。
    当時の象徴的なデザインを踏襲し、指板バインディング、ダブル・パラレログラム・インレイなどを採用。
    チューナーには、Kluson Single Line Agingを採用しております。

  • Finish

    Creekのエイジド加工は、実際のヴィンテージの個体を基に職人の手により、1本1本手作業で仕上げられます。