【SC-13E】
Martin社による革新的なアコースティックギターSC-13E。今までのアコースティックギターの造りを見直し・再構築することでMartinサウンドを失うことなく、非常に弾きやすいエレアコとなっております。まず注目していただきたいのはネック。現在特許出願中の【Sure Align neck system】はその構造上、ネックと弦を可能な限り並行に近い設定にすることでハイポジション迄非常に弾きやすい弦高設定に調整することを可能としています。ネックシェイプは少し薄めでネックヒールが無く、ハイポジションへのアクセスが非常にしやすい【Low Profile Velocity】これによりエレキギターに近い弾きやすさを実現しています。ボディサイズも今回新しく設計された【S-13】ボディとなっており。左右非対称のアシンメトリカルなボディシェイプによりステージでのハウリングを抑え、体にフットする小ぶりのボディながら生音もしっかりと低音のあるバランスの取れたサウンドを響かせてくれます。そのほかにも高音側のみスキャロップドされた新しいブレーシングパターンのToneTentionXBraceや外観でも目を惹く青い サウンドホールリング、滑らかに加工されたベリーブリッジ等、このモデル独自の特徴が多くそれがSC-13Eのサウンドへとつながっております。ライブでの使用を考えピックアップはFishman MX-T搭載。ペダルやクリップチューナーを使用することなくサウンドホール下部に目を落とすと使用できるチューナーが設置されています。煌びやかで立ち上がりの良いMartinサウンドを踏襲しながらもさらに進化した魅力あるモデルをぜひ手に取ってみてください!

【スペック】
Top Material:Sitka Spruce
 アコギのトップ材として最もポピュラーなシトカスプルース。クリアで芯のある音が特長です。

Bracing Pattern:Tone Tension X Brace
 高音側のみスキャロップドされた新しいブレーシングパターン。低域はソリッドに、高域はふくよかにといった形で、独特な響きを持っています。

Back Material:Koa Fine Veneer
 美しい杢目のコア材が用いられています。音色は比較的明るく、歯切れが良い印象です。

Side Material:Koa Fine Veneer
 美しい杢目のコア材が用いられています。音色は比較的明るく、歯切れが良い印象です。

Neck Material:Select Hardwood
 ネック材はマホガニーが一般的ですが、マーチン社ではマホガニーにこだわらずその時最適な木材を選定し、製作に用います。そのため、スペック上はセレクトハードウッドとなります。

Nut Material:White Corian
 人工大理石です。硬質な材料なので、弦の振動を余すことなくボディに伝えてくれます。

Fingerboard Material:Ebony
 目の詰まった良質なエボニーが用いられています。

Scale Length:25.4"
 約645mmです。マーチンにおいてはロングスケールに当たり、張りがあって元気な音になる傾向があります。

Fingerboard Width at Nut:1 3/4''
 約44.5mmです。一般的なナット幅よりもやや広めのセッティングで、複雑なコードフォームでもストレスなく押弦することができます。

Bridge Material:Ebony
 目の詰まった良質なエボニーが用いられています。

Saddle:Compensated White Tusq
 人口象牙になります。非常に硬質であるため、音色も明るく煌びやかになる傾向があります。

Tuning Machines:Nickel Open Gear
 シンプルで洗練された雰囲気があるオープンバックペグです。

Electronics:Fishman MX-T
 シンプルなアンダーサドルのピエゾピックアップです。サウンドホール内部にボリュームとトーンのダイヤルが取り付けられており、簡単に音色を調整できます。特にトーンに関しては、さすがアコギピックアップ界の名門Fishmanなだけあって絶妙なチューニングが施されており、絞っても開放でも、どちらでも音が崩壊することなく、簡単に良い音に調整できるようになっています。また。チューナーもサウンドホール裏に仕込まれており、ライブユースにおいてこのシステムは非常に有用だと思います。

Martin SC-13E

¥184,545価格